大阪駅、梅田駅周辺で弁護士をお探しの皆様へ

自動車ローンとキャッシングを同じ会社から借りている場合

2011年2月17日 木曜日

 任意整理の対象にクレジットカード会社が含まれている場合には,消費者金融会社と異なり,少し注意が必要です。 たとえば,自動車ローン業者から自動車ローンとは別に,キャッシングをしているというケースがあります。このような場合には,キャッシング部分のみを任意整理の対象としたいという意向もあると思います。しかしながら,自動車ローン部分を除いてキャッシング部分のみを任意整理の対象とすることはできません。

 どうしても自動車を手元に残したいというのであれば,当該会社を任意整理の対象から外す必要があります。自動車を手元に残したいという希望がなければ,自動車ローンとキャッシングを含めて任意整理の対象とすることが可能です。

 ETCカードやIC乗車券とキャッシングを同じ会社で利用しているという場合にも同様のことが言えます。また,ショッピング利用分とキャッシングを同じ会社で利用している場合も同様です。

 なお,任意整理とは異なり,債務整理の内,破産又は個人再生の手続きを選択する場合には,一部の債権者を除外して手続きを進めることはできず,すべての債権者を対象にする必要がありますので,クレジットカード会社を除外するしないの洗濯はできません。


大阪弁護士事務所トップへ

土日や夜間・早朝も対応可(事前予約制)

阪急梅田駅約2分、梅田ロフト南隣、ジオグランデ梅田25階(NU+上部)

ご予約は06-7711-1657